平成30年度里山ボランティア育成講習会第2回


2018年6月2日(土)9:00~ 平成30年 里山ボランティア育成講習会 第2

 

 本日は第2回目の講習会ですsign03

30里山講習3

 実習内容は田植えですhappy01

 今回は田んぼの半分は、小学校の田んぼ学校プログラムによる田植えが終わっているため、残りの半分に田植えを行っていきます。

 まずは、田植えの解説を講師の先生から聞き、実際に作業開始ですnote

30里山講習1

 田植えの方法は地域によって違いがあるそうですbookpencil

 今回は、糸を張ってその糸を基準に、下がりながら植えていく方法で田植えを行います。

 稲を植えるときは、基準の糸に沿って3本ずつ苗を、手のひらくらいの間隔で、稲の根っこを鉛筆のように持ち、指の第2関節くらいの深さまで植えていきます。

 この時、1か所に植える苗の数は、1本でも10本でも問題ないそうですが、成長に必要な日光の量は増やすことができないため、分げつ(稲の枝分かれ)が進まず、最終的な収穫量は変わらないそうですsun

   
30里山講習4 30里山講習5
H30里山講習14 H30里山講習15
H30里山講習17 H30里山講習18
H30里山講習16 H30里山講習19


 田植えで気を付けることは、「根っこをもって苗を切り離し、稲の本体を傷つけ枯れてしまわないようにすること」「稲を浅く植え過ぎて、田んぼに水を入れたときに抜けてしまわないようにすること」だそうですsign03

 田植えを進めていくうちに、みなさんだんだんとコツをつかみスムーズに進めていますhappy01

 田植え後の様子がこちらです。

30里山講習7

 一定の間隔できれいに植えられましたねshine

 

 作業のあとは、予定よりも早く終わったこともあり、講師の先生から解説を聞きながら沢山池の里山を散策ですsign01

 沢山池の里山の現在の様子と昔の様子の紹介がありました。

30里山講習9

 ようせいの小道は、人一人通れる程の狭い公道で、昔は田んぼが沢山池全体に広がっていたため、田んぼへ向かう主要通路でした。そして現在は植物が茂っている通路周辺は薪炭林として利用されはげ山が広がっていたそうですsign01

30里山講習10

 現在の様子からはとても想像できませんねbearing

 現在整備中の場所として棚田とマダケ林も見学しました。

30里山講習12

30里山講習13

 ほかにも昔から利用されてきた植物の紹介もありましたnote

 カラムシは、比較的どこでも生育できる植物で、茎の部分を裂いて織ることで、昔は庶民の布として利用されていたそうです。今ではカラムシ織りはほとんど生産されず貴重なものになっているそうです・・・。

30里山講習14

 自然のものを利用した遊びの紹介では、ミズキの葉の葉脈を残して千切る飾り切り、マサキの草笛を教えてもらいましたsign01

30里山講習14

30里山講習15

 器用さが意外と試されますcoldsweats01

 今の時期は夜になるとゲンジボタルが見られるそうです。

 特にホタルの光る時間帯は19:45~20:15と短い時間帯だそうですが、夜に見に来てみるのも良いかもしれませんねhappy01

 今回は田植えに沢山池の里山の散策と盛りだくさんでしたねnote

 みなさんお疲れ様でしたsign03