里山的環境の保全と活用
活用事業について

図7.png 農地、水路、ため池、雑木林等と集落が一体となった地域は里山(里地里山)と呼ばれています。里山は、農林業の生産活動や生活の場として人が形成し保ってきた自然環境です。

日本人は食料や燃料をはじめ多くの生活必需品を里山で生産してきました。ため池から水田に水を引いて米を作り、雑木林を伐採して薪や炭を作るなど、暮らしの中で造られた自然が美しい景観を生み出すとともに、自然とのつながりのなかで伝統的な文化・行事が培われました。

ニホンアマガエルjpg.jpg
里山は人が手を加えた自然環境ですが、カエルやメダカ、カタクリなど、様々な生き物を育んできました。

里山に暮らす生き物は、日本人にとって昔からとても身近な存在でした。


図8.png 日本人にとって長年重要な役割を担ってきた里山ですが、現在は消失や荒廃の危機に瀕しています。
開発・宅地化によって、多くの田畑や山林が消失しました。また、近代化とともにエネルギーが石油、ガス、電気に移行し、薪や炭を作るために雑木林を利用することは殆どなくなりました。
さらに、農林業の担い手が減り、里山は手を入れられずに放置され、荒廃が進んでいます。
水田跡.jpg 里山の消失・荒廃によって、そこに暮らす生き物も減少し、また絶滅の危機にさらされています。
環境省によれば、全国の希少種の集中分布地域の5割以上が里山にあたるそうです。

里山が減少・荒廃する現状に対して、国の生物多様性国家戦略では、わが国の生物多様性の危機の一つに里地里山の危機を位置づけ、保全に取り組んできました。


図9.png本市では、平成23年度から「里山的環境保全・活用事業」を実施しています。この事業では、生産や生活の場として利用されることが少なくなった里山的環境を、市民の憩いや環境教育、生態系保全など、新しい価値観のもとで保全・活用することを目指しています。

  ・身近な自然環境や景観を保全し再生します。
  ・人々が自然とふれあう場や環境教育・環境学習の場として活用します。
  ・生物多様性(生物とその生息環境)を保全します。
 
事業を実施するモデル地区を設定して、市民、事業者、市が連携して水田や雑木林などの手入れを継続的に行っています。また、市民が身近な自然を感じ体験できる機会を提供しています。
講習会田植え.jpg

 ・水田の再生や維持管理
 ・里山林の維持管理
 ・「田んぼづくり」や「里山林手入れ」など講習会の開催
 ・小学校向け「田んぼ学校プログラム」の実施
 ・自然観察、田植えや稲刈り、里山林手入れなど体験型イベントの開催
 ・自然環境(生態系)の調査


図10.png
 ◆平成23年度
 ・平成22年度に予備調査を行った11か所の候補地から、5か所を選定
 ・水源の確保ができるかなど、事業の実施に適しているか現地の状況調査を実施
 ・事業に協力して頂けるか、土地所有者に対して意向調査を実施
 ・以上の選定作業を通じ、モデル地区を2か所決定
  1 長坂地区: 荻野川上流域谷戸(沢山池周辺)

  2 野比地区: 千駄川上流域谷戸 

復田作業.jpg ◆平成24年度
 ・「里山的環境保全・活用のための市民協働モデル事業」実行委員会(里山実行委員会)の発足
 ・里山活動連絡会の発足(長坂・野比)
 ・モニタリング(自然環境調査)の実施(長坂・野比)
 ・「田んぼづくり指導員養成講座」の開催(野比)
 ・復田作業の開始(長坂)


里山集合.jpg
 ◆平成25年度
 「よこすか里山びらき」の開催(5月25日)
 長坂地区
  ・モデル地区を「沢山池の里山」と命名
  ・「長坂5丁目市民緑地」の設置
  ・「里山林手入れ講習会」の開催
  ・再生した水田で稲作の開始
  ・収穫祭の開催
  ・自然体験・観察会の開催
  ・モニタリング(自然環境調査)の実施
 
野比地区
  ・「田んぼづくり指導員養成講座」の開催
  ・「田んぼ学校プログラム」の実施
  ・モニタリング(自然環境調査)の実施
収穫祭.jpg
 ◆平成26年度
 長坂地区
  ・「里山林手入れ講習会」の開催
  ・「田んぼづくり講習会」の開催
  ・収穫祭の開催
  ・自然体験・観察会の開催
  ・モニタリング(自然環境調査)の実施
田んぼ学校プログラム.jpg
 野比地区
  ・「田んぼ学校プログラム」の実施
  ・かがみ田谷戸の一部での保全・再生事業を検討







◆平成27年度(予定)
長坂地区
  ・「里山林手入れ講習会」の開催
  ・「田んぼづくり講習会」の開催
  ・収穫祭の開催
  ・自然体験・観察会の開催
  ・モニタリング(自然環境調査)の実施
  ・里山でヨガ、骨盤体操
  ・里山で竹細工作り

野比地区
  ・「田んぼ学校プログラム」の実施
  ・かがみ田谷戸の一部での保全・再生事業を検討

ホーム  >  横須賀市の里山づくり